観樂樓の由来

床の間の額縁の文字、昔の漢字観樂樓が飾られております。

この奥座敷の広さは17.5畳あり天井の高さは3.7m有ります。
都会のお客様は感動します、多くの人達に楽しみを味わってもらいたいです。

私はこの観樂樓の名前が大好きです。現在進めております私設公園フラワーガーデンも、観樂樓を命名しております。

民宿歓迎

平成19年4月開業以来、これまでご指導、ご支援頂きました関係者各位に対しまして厚く御礼申し上げます。

農家民宿営業を主体とした都市・農村との交流、田舎暮らしを楽しみたい都会の雑踏から離れ心の癒しを求める人達を、岩手藤沢町の自然豊な、田舎の面影がまだまだ残されております所で、皆さまと一緒に人生を楽しみましょう。

多くの皆さま方との出会い、お越しをお待ちいたしております。

自己紹介

氏名   佐藤 静雄
1943年10月30日生まれ

平成19年 4月 農家民宿 観樂樓、営業許可取得、飲食店営業【旅館業】許可取得
平成23年12月 その他の醸造酒(どぶろく)製造免許取得
平成24年 1月 あんちゃんのどぶろくの銘柄で製造販売開始
平成24年 7月 飲食店営業【旅館】許可更新
平成27年 3月 その他の醸造酒【濁酒】期限付き免許から永久免許に更新
平成28年12月 あんちゃんのどぶろく、東京浅草まるごとにっぽん蔵店販売開始

趣味

民謡
植木 剪定  観樂樓の花木1人で剪定している
陶芸     藤沢野焼祭り 5回入賞する